マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
日テレ特番などやっぱり多かった年末年始
すごかったですね。それしか感想が出ない面子。

欲を言えば、吹き替えがアレンジしすぎというか。ヘンリー・エバンス氏はテンション高すぎだし。トム・ストーン氏の「イェイ」とか。ゴールデンハーシュ氏はもうちょっとはっきり話してましたし、レナート・グリーン氏の「ヨン様おいで」とか、もうちょっと変えようがあったろうに、と。マックス・メイビン氏は日本語ペラペラなのに、最初はわからないふりをしていて、なぜかそこが受けてしまいました。
その点、NHKの吹き替えは結構まともだったんだなぁ、と思いました。



各マジシャンは、多少テレビ向けでない演目だったので、魅力が十分出てなかったかもしれません。演目については、多くのマジックサイトですでに語られていますので、書きません。というか、評価できる身ではないので。

ただ、トム・ストーン氏は生で観たら絶対不思議です。もともとレストランで演技するテーブル・ホッパーなので、カメラを通すとどうしても魅力が半減してしまいます。

沢浩氏について少し。家では、家族も一緒に観ていたのですが、「沢って人、何かわかりやすくない? うまいの?」とか言われました。でも、沢氏は、うまいです。最近はダジャレが目に付きましたけど、あの人が発表したマジックを観ればすごかったということがわかるはずです。でも…僕はまだ氏の手順ができません。氏は、ピアノ・トリックとか真珠物語、爆弾キューブとか、楽しい・詩的な作品を多く発表していて、有名な方です。

それにしても、日本であれだけの面子が集まって民放で流れるなんて、数年前まで夢のまた夢でした。あのマジシャン全員の演技をDVDなんかでそろえたら、5万円近くかかりそうな気がします。

ガイ・ホリングワース氏も出たし、沢浩氏、前田知洋氏にレナート・グリーン氏、トム・ストーン氏とアンドリュー・ゴールデンハーシュ氏、ヘンリー・エバンス氏、マックス・メイビン氏…。書いてみると改めてすごさを実感します。

マジックをやらない方は正直、見慣れないマジシャンの見慣れないマジックに「知らないマジシャンが怪しい手つきでマジックしてる」「ここ怪しかった」とか、そういった点のほうが目に付きやすかったかもしれません。

日テレも、3回目の前田知洋氏特番でいったいいくらかけたのだろう、とかいらない考えもしてしまいました。前田氏の手の震えからもわかるように、前田氏にとっては相当のプレッシャーだったと思います(生意気なわかった気ですみません)。

第4弾を観たいような、観たくないような…。日本人に合う現象とかもありますし。意外性の問題とか…。最近はテレビ東京でもトミー・ワンダー氏やアルト・コロンビーニ氏などが出演した番組がありました。いい時代…なのかどうかは、今はわかりません。

ブームが去った後、テレビマジック界は安定するのか、忘れられるのか。このブームで、中途半端にマジックを始めて、タネだけ知って止める方がいることが一番心配です。

この次の日も、フジテレビでセロ氏の特番がありました。NHKではマジック特集を放送しました。NHKの番組は、面白かったです。山上兄弟は、マジシャンからの評価は低いようです。天覧奇術などの話は楽しかったです。

当然セロ氏の番組も楽しい内容でした。セロ氏は、94年横浜FISMで19歳にして賞を獲った方で、やっぱり(というか当然)うまいし、楽しいです。

日本は世界的に見れば、マジックのレベルは高いほうです。他の国に比べてインパクトの強い伝統奇術「品玉・和妻・手妻」がありますし、有名なマジシャンも多いです。テレビではお目にかかれない有名マジシャンもまだまだ日本にはいるのですが、こういった方々も数ヵ月後にはテレビで観る日が来るのでしょうか。まぁ、各テレビ局ごと、マジシャンは出揃ろった気もしますが。

…マジックブーム、僕がどうこう言ってもまったく良いことないのですが、加熱しすぎだと思います。正直なところ。本来テレビで見せる芸ではありませんし(ほとんどそうですが)。観ているタレントのマナーも無いような(しょうがないことですが)気がします。エンターテイメントですから、「タネを見破る」見方をしても楽しくありません。その分、マジシャンがストレスを軽くする必要がありますが。

そういいながらも、マジック番組の録画準備をする自分が…。
[PR]
by fanaghan | 2005-01-05 19:41 | マジック 
<< ニュース マジックやる人 >>