マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:雑記か日記 ( 101 )
さて。
間が空いてしまいました。
思ったよりも大学が忙しく、その他もろもろもあって更新できませんでした。

さて。10月26日から28日までは、武蔵野美術大学の芸術祭です。
僕も展示をするので、よろしかったらぜひお越しください。

落ち着いたら、またブログで動き出します。
[PR]
by fanaghan | 2007-09-28 06:02 | 雑記か日記 
入学して1週間経ってない
どうも。寂しいですけど慣れてきました。まあどうせ、ゴールデンウィークで帰省するんですけどね! はい、ハートが弱いですよ。そういえば、NHK静岡の女子アナが全国放送に抜擢されてました。なんか懐かしい。TOKIOと劇団ひとりと共演ですか。

入学式はさすが美大という感じでした。紙吹雪が舞い、光が踊る。リンク先を見てください。

さて、学科懇親会の自己紹介で知ったんですが結構、静岡出身が多いです。そのほか福岡・仙台・福島・香川・秋田・佐賀……とさまざま。みんな、方言は無理に直さないそうです。

そういえば、静岡の僕が住んでる地域で、突風が吹いたそうで。全国ニュースでした。
*********************************
<突風>静岡県掛川市で74棟被害 島田市は520戸停電
4月14日11時21分配信 毎日新聞

14日午前2~3時ごろ、静岡県掛川市宮脇地区で突風が吹き、住宅の屋根瓦が飛ばされるなど74棟に被害が出た。けが人はなかった。また隣接する島田市では、同2時20分ごろ、突風に飛ばされたトタン屋根の角材が電線に接触、阪本地区などの約520戸が最大2時間半にわたり停電した。掛川市によると当時、寒冷前線の通過に伴い最大瞬間風速約26メートルの強風が吹いていた。

同市の調べでは、このほか車庫の屋根が飛んだり、テレビアンテナが折れるなどした。ガラスが割れた住宅もあった。3階建て住宅の屋根瓦の一部を飛ばされた女性(78)は「1階で寝ていたがみしみしという音がした。家族6人がいたが室内に被害はなかった」と話している。【舟津進】
**********************************
掛川には住んでませんでしたが、すぐ近くだし、同じ学科に掛川の子もいたので心配です。

ああ、履修登録が難しい…。
[PR]
by fanaghan | 2007-04-14 22:05 | 雑記か日記 
無題
一人暮らしって寂しいですね。
何の音も聞こえない。声もしない。人気がない。

当たり前のようにいた家族の姿がなくて、あるのはもらった写真と手紙。

あさってはお母さんと一緒に入学式です。
[PR]
by fanaghan | 2007-04-07 21:33 | 雑記か日記 
無題
いやあ…。春ですね…。

3月に卒業式を無事終え、中学時代の同窓会みたいのに出たり、引越しを始めたり、相変わらずいろいろとありました。静岡市で31.8度なんてふざけてるとしか思えない気温を記録して、春に夏バテになるかも。ありえないことがおきそうで。

卒業式は暖かい日で、和やかに終わりました。お決まりの、「胸に花をつける→式が始まるまでのなんだか落ち着かない待ち時間→式後の寄せ書き→さよならをいって別れる」、3回目でしたが、やっぱり寂しいものです…。
b0027906_1155075.jpg
中学時代の同窓会にいったら、みんなぜんぜん変わっていませんでした。たったの3年なんですが、されど3年。背が10cm以上伸びた人、金髪でケバケバしい人もいたし、ヤンキーになったのも。でもやっぱり、本質は昔のまま。バカバカしい話もしたけど、これからの進路も話しました。
そしたら、仲がよかったOが進学で国分寺へ行くことが判明。自分も国分寺から大学に通う予定なので、住所を聞いたら同じ町内でした。日本は狭い。

中学の友達以外にも、やっぱりみんなの進路を聞くと自分も「いよいよ」という気持ちがわいてきます。就職した子は、もう仕事を始めてるわけだし…。

春休み(?)は引越しの準備ですが、これから始まる新生活に向けて、できるだけエネルギーを蓄えておきたいものです…。

そういえば、春の選抜で静岡・常葉菊川が初優勝。おめでとうございます。母校がおととしの夏に敗れたのも、常葉菊川でした。
[PR]
by fanaghan | 2007-04-04 11:55 | 雑記か日記 
ざ っ き
久しぶりにログインしたら、投稿画面の多機能充実振りに驚きました。

さて、22日からクラスのみんなで卒業旅行へ行ってきました。温泉という渋さ。生憎の雨でしたが、楽しかったです。高校3年の2月という微妙な時期だからこその、貴重な体験。
男子の服装は「普通」だったんですが、女子の皆さんの力の入れようが「強」でした。校則から解き放たれた反動というのか。
ホテルでの深夜までの騒ぎとか、修学旅行とはまた違うし。帰ってくるとさすがに疲れて、深夜(早朝)5時に寝て、夜7時に起きました。見事な昼夜逆転です。

この旅行に持っていった奇術道具。
・ホールドアウト…10円・100円のWXで活躍。やはり、音が気になる。
・ハンドクラッシャー…。びっくりさせるには、これ。携帯電話から出すと◎でした。
・コイン数枚…日本円、外国貨含め。レギュラーでした。
・カード…バイシクル。レギュラー。

気をつけて「日常品」にしました。卒業旅行にゾンビボールとかさすがに引かれますから…。
カードはバス内での「大富豪」に大活躍でした。

この家庭学習期間には、免許を取ったり(教習所を卒業できました)、美術予備校へ行ったり、充実しています。約1ヵ月後に始まる新生活への充電期間です。東京の新居も決まり、家電を揃えたり。久しぶりに再会した子は全然変わってなくて、懐かしい気分になりました。

手品とか読書面で書けるような内容の生活は送っていません…^^;
4月から、もしかしたら5月ごろ、生活が落ち着いたらもっと手品・読書で書けるかもしれません…。強迫も悪くはなってないけど、良くなってもいないし。

読書に関して。
近所の百貨店に行ったら、入り口付近で古書市をやってました。眺めてみると、尋常小学校とかの戦時中教科書が700円でした。
パラパラ見ると、算数の内容とか、やはりというかあまり変わっていませんでした。足し算・引き算。

全然話が変わるんですが、行きたい展覧会について。自分の覚書程度なので、お読みになる方は注意をお願いします。
いま、静岡県立美術館にパリからロダン(「考える人」の作者)の石膏像などの展覧会がきています。静岡県立美術館には常設ロダン館があって充実しているんですが、日本初公開のもあるそうで。「見逃したら、フランスへ」がCM文句なんですが、この後兵庫にも行くらしい。
ロダン館にある6mのブロンズ未完作品「地獄の門」(扉(門)の周りに群像があって、「考える人」はその一部です)。この裏、通路になってるんですが、その壁(地獄の門の真裏)に小さな扉がついてます。地獄の門とのシュールな間逆さがかわいらしい(?)ので、ぜひ見てください。

次。アレクサンドル・ペトロフ展。三鷹のジブリ美術館で。一人では行きにくいんで、誰かと。
アニメーション作家なんですが、油絵の具で描いているので印象画作品が動いてるみたい。ガラス板に描かれていて、「原画は一枚」。この方の映画が公開だそうです。アカデミー賞も受賞されているようです。軽いカルチャーショックを受けます。ジブリ美術館で開催されるのもわかります。

で、横尾忠則展覧会。Y字路作品よりか60年代のポスター作品のころが一番興味あるんですが、一応メモ。
[PR]
by fanaghan | 2007-02-25 03:53 | 雑記か日記 
明けましておめでとうございます
ついに明けましたね、2007年が。明けましておめでとうございます。

2006年総括、ちょっとタイミング間違えましたが、「いろいろと気を使った年」でした。精神的にキツイ時期が7月19日から続きましたが、落ち着きは取り戻しつつあります。これは今年の3月20日まで続くのですけど。

さて、2007年。高校三年間も終わりの年です。みんな、それぞれの進路に進むわけですよね。
2002年のサッカーW杯のとき「次回(2006年)は高校3年生だよ、何してるか全然わからん」といっていたのにそれを通り過ぎて、2007年ですからね。

今日は一日中ゴロゴロしてました(冬休みはほとんどそうなんですが)。
夜は紅白歌合戦を見て、同時にDJ OZMAを見て、NHKの釈明も見て、そばを食べ、くりびつTVを見て、さだまさしをちょっと見て、今はCDTVを見てます。

2007年が良い年でありますように。
[PR]
by fanaghan | 2007-01-01 02:24 | 雑記か日記 
めりーくりすまーす
クリスマスイブ、サンタから歳をひとつもらいまして、18にならせていただきました。
「明石家サンタ」の生放送を見ながら、18歳と1日21分目を過ごしてます。

やっと、やっと18なわけで、でもやはりまだまだ18なわけで。

18歳未満禁止なこともできるんですよね、え、いやいや、エキサイトネームカードのことですからね、勘違いの無きようお願いします。

あぁ、なんかいろいろあった今年一年。
今のところ、2006年一大ニュースは大学合格でしょうか。将来に最も影響を与える事柄として。

とりとめなく書きましたが、みなさん、あと1週間、がんばりましょー。

****************

あっ、いまマクドナルドのドナルドが日本語を喋った…ああいう声をしてるんですね。
[PR]
by fanaghan | 2006-12-25 00:25 | 雑記か日記 
虚報タイムス
虚報タイムスのhtmlサイトを作りました。無料だったので…つい。今後は、こちらで更新できたらと思います。
ここです。

虚報タイムス
http://www.geocities.jp/eilreverse/

*****************************************

皆さん、大学の合格にお祝いの言葉を下さってありがとうございます。

*****************************************

最近、デビッド・ストーン作品ばかり見ています。リアル・シークレットは値段の割りに、ボリュームが多くて目の保養、指先の保養にもってこい。

グラスプロダクションやボトルプロダクションの研究にも影響を受けて、ダイソーで買ってきたプラスチック製塩瓶を使ったグラスの取り出しの手順を組もうとしています。

やっぱり、マジックって楽しいですね(水野さん風)
[PR]
by fanaghan | 2006-12-06 21:45 | 雑記か日記 
あー、よかった。
あーーーーーーーよかった。受かりました。武蔵野美術大学の公募推薦入試。

当日に起こったハプニングや勘違いの中、ふわふわあたふたと受験したのですが、結果が伴ってくれてうれしい。

思えば、試験直前から結果の出るこの1週間、意味も無くドキドキしたり、高校受験前に修学旅行(で行った北野天満宮)でもらった学業成就のお札にお祈りしたり、大学資料を読み直したり。
とにかく落ち着こうと思ったんですが、試験会場到着から始まったドキドキは今日まで断続的に続いてました。

小論文では、試験の直前に書いたものが「これはいいね。深みがあるし、表現が面白い」と先生に言われました。だけど、次作のプレッシャーというか、どうやって書いたかが思い出せずに小スランプ。「2作目に実力が出る」とはこのことでしょうか。小説家の苦しみを知った感じ。
実際の試験はテーマが意表を突きすぎていて、動揺してしまいました。何を書いたか、正確に思い出せない…。

この公募推薦で落ちたら、英語の試験を受けなくてはならないので絶対受かるつもりでしたが、受かる自信はありませんでした。緊張と動揺で、よく言われる「試験では自分の実力の最低点が出る」の通り。学校でも、友達に「ダメかもしんない」とか弱気だったけど、こんな結果になったことがとにかくうれしい。

これで、自動車学校にも行けるし、バイトもできるし、趣味もできる。(あれ?勉強は…?)

とにかく、安心した一日でした。祝杯をあげて、よく眠ることができそう。
[PR]
by fanaghan | 2006-11-25 01:29 | 雑記か日記 
究極の現実逃避
大学の一次試験の結果が刻一刻と迫ってます。

考えている受験校は、武蔵野美術大学、名古屋造形芸術大学、大阪芸術大学など。全部私立…。東京藝大なんて、雲の上です…。学費の負担を減らすよう、受かったらアルバイトに精出します。「受かったら」。

就職はもう内定が全部出て、進学も半数近くが試験が終わってます。公務員に営業、指定校推薦で大学とか専門学校、もう決まった人からにじみ出る「余裕」。
小論文を書く自分にかけられる「試験まだなの?大変だねえ」の裏に潜む「俺、もう受かってるよ」という無言の宣言。

………いや、病んでるぞ、自分。ここは友達の言葉をそのまま信じよう。本気で心配してくれているんだと。前向きなテンションで突進するくらいのつもりで、これから合格まで頑張ります。

美大受験は母校始まって以来だということで、手探りもなにも目隠しをして夜道を進んでいるような状況です。でも、これも自分が選んだこと。商業高校で学んだことをいかさずわざわざ指定校とらず、見切りをつけた美術に関わろうとするのは、もしかしたら究極の現実逃避なのかもしれません。受験勉強をしているときは、日常生活でありながら日常とはかけ離れた日常。
[PR]
by fanaghan | 2006-11-06 18:54 | 雑記か日記