マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:自分( 5 )
どうもどうも
お久しぶりです。
いったいどれくらい放置していたのか・・・・。Fanaghan News 支局は更新していたのですが。

さて、なんとか大学を卒業できまして、この春から地元に帰って働いています。
なんとかこの時代に就職できました。よかった・・・。

広告代理店で、コピーライターというか、CMプランナー見習いのようなことをやらせてもらっています。週6勤務で残業代なし、10時11時帰宅と今は忙しいですが、仕事があるだけ、この不景気の中ではありがたいことです、本当に。

まあ、本当のところを言うと、大学院に行ってもっと勉強したいんですけどね。そのためにも今は、お金を貯めています。

取り急ぎ近況・・・。別のブログで書いていたこともあったので、もろもろリンクをつなげようかと思います。

Twitter始めてみました・・・@jugemu3です。
[PR]
by fanaghan | 2011-06-12 14:31 | 自分
血液型診断とか精神分析とか
いろいろ流行りですね。血液型診断とかそういう感じの。総じて性格診断に分類される類です。

少し前にニュースでありましたけど、「血液型診断番組に視聴者から抗議殺到」とのこと。血液型なんかじゃあ視聴者全員数百万の性格はわからないのは当然だと思います。

病気や環境変化に強い体質・血液型なんかは、先祖の違いでありえるかもしれませんけど(日本人はおよそ8種類の人種が混合しているそうで)、性格まではまとめられないと思います、やっぱり。

血液型に対する「イメージ」というのが、「A型=几帳面」「B型=わがまま」「O型=おおらか」「AB型=独創的」……ですね。初対面の人に血液型を聞かれて、その「イメージ」を持たれるのがなんか嫌です。まぁ、聞いてくる人は大抵「B型」っていうイメージを僕も持ってますけど。すみません。

こういうイメージって、情報を仕入れてから、それに当てはまった人のパターンだけを覚えているから当たってるように錯覚するんだと思います。それなら、大雑把なA型や、几帳面なB型とか、歌が下手で暗いイタリア人、リズム感の無い黒人、色の黒いロシア人は立場が無いですし。

決して、全く嘘と言うわけではないでしょうけど、鵜呑みは変なイメージを持つきっかけになるのでやめてほしいものです。「ふーん」くらいの話のネタ程度の知識と言うことで。

インターネット上にも、結構「○○診断」とかあります。有名なのは性格診断・エゴグラムでしょうか。とりあえずまじめに素直にやってみた僕の結果は…。

1.性格 非現実的なもの、空想的なものに心惹かれるタイプです。現実的な物に全く疎いと云う訳ではありませんが、想像力の方が断然優位に有り過ぎる為に、現実の世界がどうしても、色褪せて見えてしまうのです。その結果、芸能や芸術などの世界に足を踏み入れる可能性が高く、又その方が貴方を本当に活かせる道でもあるでしょう。

非現実、空想的なものって…。まぁ、確かにボーっとしてることは多いです。夢は大きいですけど。

2.恋愛・結婚 ユートピアを追い求める気持ちが強い為に、実際の結婚生活では常に幻滅を感じる事が多く、意外な所から意外な破綻を来す可能性が多いでしょう。実生活に於て適切な問題処理能力をもう少し高める事が必要でしょう。

ユートピア…あまり使わない言葉です。笑点で見たユートピアさんを思い出したくらい。【ユートピア utopia】想像上の理想的な社会。理想郷。 
まだ16歳ですし特に高望みはしてないと思い…ます。

3.職業適性 感情量が豊富で想像力に優れています。自由奔放な面とイイ子に成ろうと云う面とがチャンポンに出て来て、それを調整するのに苦労します。それ故に不満が亢じ易く、一般的な職業では、永続的に疑問が残ります。画家、陶芸家、音楽家、デザイナー、マンガ家、イラストレータなどの方面に才能が有れば、性格的には最も向いています。

確かに芸術分野は興味があります。でも、この芸術方面の選択肢は高校選択で捨てました。まだチャンスはあっても、あと10年以内は厳しいです。

4.対人関係 貴方と交際する人は、貴方の喜怒哀楽の落差の大きさと、時としては別人の様に折り合いの良くなる貴方の正体が、さっぱり掴めなくて戸惑ってしまうでしょう。人付き合いの面では、なるべく余り大きな感情の落差を見せ付けない様にした方が、よろしいのではないかと思います。

あまり親しくない人とは、気まずい時間を過ごす事が多い気がします。感情の落差…。他人から見ないとここの辺りはわからないです。

全体的にあってる様な気が。あれだけ質問数多ければそんな気もします。でも、やっぱり鵜呑みにするには、ちょっと。

なぜかと言うと。一つ質問の答えを変えたらこうも答えが違ったので。
診断結果・2回目

3回目で悲劇の結果が。
>コンピュータ技術者は全く向きません。

今、高校で勉強しているのは思いっきりコンピュータ技術のプログラミング…。全然解らない事は確かです。まぁ職業にする気は無いですけども。

性格診断番組も、エゴグラムも、「自分はどんなタイプか。他人とはどこが違うのか」という気持ちがあるせいで流行っていると思います。あくまで「ネタ」として活用。まぁ、知ったところで僕はたぶん、何も変えないと思います。
[PR]
by fanaghan | 2004-12-26 01:21 | 自分
自分を客観的に
うちの高校では、毎年の賛否両論にかかわらず、ずっと続いている伝統がいくつかあります。その一つが、「校内で一番いい女・男 ミス・ミスター決定選」。他の高校でもありますが、うちの高校は相当激しい批判があってもなお、"生徒の強い意向"で数十年続いています。

毎年11月頃になると、学校冊子の企画でいくつかアンケートが取られます。その中にミス・ミスターがあるわけで、学年から1人ずつ、最も票の多かった人が選ばれます。

準女子こうな感じの母校。綺麗所の方はそれはもうお綺麗で。気安く近づいたなら、護衛に張り倒されそうな雰囲気です。だから、ミスは相当激戦。3年生にもなると、"派閥"みたいなのが絡んでややこしいみたいです。

で、男子はと言うと。男子が1学年に40人しか居ないにもかかわらず、ミスターは必ず選ばれます。1学年200人の女子から1人選ばれるのと、40人から1人では確率が相当違います。女子より激戦。選ばれたがる男子は、アピールし始めますね、この時期。ミスターになると、1年間は"母校の顔"としていろんな面で効力が出るので、必至です。まぁ、選ばれる=人気の高さということになります。一部の男子、来年もがんばれ。

そんな一部男子以外の大半の男子、僕も含めては、ただ普通に生活するだけです。それで、今年もアンケートを書き終わりました。

投票で、いろんな人を見たとき、ふと自分のだらしなさに気が付きました。
変です、僕。薄々気付いてはいましたけど。

以下、大丈夫な範囲で特徴。
身長:169cm        測るたびに5mmずつ縮んでる。 これ、変。
視力:右0.01 左0.5   左右視力が違いすぎ。 これも、変。
握力:右45kg 左44kg 握力トレーニングしないのになぜか強い。 これも、変。
手が、マジック用になってる気がする。手の肉の付き方が、マジシャン。 これも、変。
体重が、3ヶ月で10キロ激減した。 これも、変。
将来の夢、これも、変。
ミネソタ州とミソネタ州、オーソドックスとオードドックスといい間違える。 これも、変。
メガネをかけると、いつもフレームが歪んでる
長井秀和に口元が似てると言われて、前田知洋に顔が似てると言われる。モンキッキの元相方コアラにも似てると言われ、山本耕史にもそれっぽいとか。 これも、変。全部全然似てないのに。
タイミングに合わせて、お笑いかマジックで受けを取ろうとしている。 これは、うざい。乗ってしまうと友人と漫才し始めるのが、最もうざい。
トランプが家に10個以上ある。 これは絶対に、変。

嫌になってきます、変すぎ。
[PR]
by fanaghan | 2004-12-19 23:40 | 自分
将来は
何になろうか、まったく決まりません。希望はあっても、実現できる環境かどうか。

うちの高校では、2004年現在もCOBOLを教えてるわけですが(まぁ、事務関係の就職先が多いせい)、なんか、今この高校で学んだことが、将来どのように役立つのだろうかと。と言うよりか、進路選択は正しかったのだろうかという問題です。

全商・日商・工業簿記1級、プログラムに基本情報技術者、プログラミング実習からCOBOL、ワープロにパソコン検定、シスアド、マルチメディアや商業英検、ビジネス基礎に流通経済、英語のオーラルコミュニケーションに…。プラス希望者は漢検に一般英検、数検でも歴検でも文検だってとると言う…。 「とにかくたくさん持っとけ」な高校で。

既に1年の時点で付いていけてないような。

今もってる検定資格と言えば…。 ↓
漢字検定2級
商業英検3級
歴史検定4級      ……3つ?

なんか、もっと持ってると錯覚してました。3つ…。3つね。卒業までに「3冠(1級3つ)以上」を目指す、静岡県でも飛びぬけて「商業の鬼」高校に、最初「自宅が近い」なんて理由で志望した僕が悪いのは当然わかってます。

もう、受かってしまって1年も終盤。入ってしまったらこの高校でどうにかするしかないんですね。この高校からどうやってマジシャン(というか芸人)か小説家になるか考えたところで埒があかないので、考えるのは辞めます。就職希望ではないんですが、ゆれてるんですね、実際、希望が。進学したいんですが学力が足りない…かな。こればっかりは勉強しなくては解決しません。

もし就職へ転換しても、1、2年で「やりたいことできたからやめます」なんていったらその会社からはもう求人が来なくなると脅されます。我が校の就職率100%を汚したら、どうなるか…と。実際口では言いませんけど。でも、夢だけは持ってます。これだけは絶対に無くしません。可能不可能別としても。もう一度ここで宣言。「マジシャンか小説家」と。

あぁ、1月には2つの検定受験が待っています。受からなかったら進級すら危うい状況。でも、その前に明日の期末テスト3日目のほうが大事。赤点とったらデッド・ゾーンです。10教科って多すぎです、多すぎ。国語・数学・社会・理科・英語・情報処理・簿記・保健・音楽・ビジネス基礎・…。 

あああああ。大丈夫なことを願わないと。 
[PR]
by fanaghan | 2004-12-12 18:25 | 自分
ついに
ついに、blogというものに手を出してしまいました、fanagahanといいます、僕は。
fanaghanという名前ですが、昔友達と作った偽名です。フルネームはElie Olivan Fanaghan (エリエ・オリヴァン・ファナガン)…です。何度かやったコントでの僕の役名でした。今では僕がH.Nで使わせてもらってます。

fanaghanは商業科高校生をやっていて、静岡に住んでいます。趣味はマジック(え、怪しい?)と本を読むこと、文を書くこと。ゲームは…視力がどんどん落ち始めたので昔ほどやりません。

男のPC歴といえば、
小学校…興味のある単語を入れてみて、「10000件見つかりました」に目を白黒させる。

中学校・高校生…溜まってきた「余りあるエネルギー」を満たすべく、ネットサーフィン。この 時期の特徴としては「アドレスバーの履歴を消したがる」「無料という言葉に敏感」「料金請求」などが挙げられる。
ポップアップ広告にうろたえ、ウィルスにおびえる日々…。

そんなことを繰り返して男はPCの操作方法を覚えるものです(え、…違う?)。

そんなPC歴で、今年までblogなんて言葉を知らず、「気になることを検索して、お気に入りをチェックして終わり」なネット生活を送っていた僕が、今日からblogをはじめます。
「無料」の言葉に惹かれたわけなんですが。

中学の部活はコンピュータ部だったくせに、高校へ入ってプログラムを勉強するまでギガもろくにわからなかったfanaghanですが、9月17日から始めます。

と、ここまで書いてきてあまりの文章の支離滅裂さと明日がテストだったことに気づきます。あぁ、まだこのblogが何の趣旨を持ってるかさえ伝えてない…。

このblogは、マジックmagic中心のエンターテイメントと文学literatureの話題を日記っぽい文体で扱うものです。

マジックです。手品。
[PR]
by fanaghan | 2004-09-17 00:50 | 自分