マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
都立水商
b0027906_0484131.jpg都立水商、今日は日テレでドラマを放送していました。
「考えてみれば、農業、工業、漁業等の専門高校があるのに、人類最古の商売(水商売)の教育を行う高校がないのはおかしい。平成XX年3月2日東京都教育局は、水商売(風俗営業)に関する専門教育を行うと立高校を歌舞伎町に設立すると発表。正称「東京都立水商高等学校」。同校は、ホステス科、ソープ科、ホスト科など七学科で発足する。またこの発表を行った3月2日を東京都では「お水の日」に指定した」 -あらすじより-

「水商売を教える高校」というどこまでもありえない設定で続く小説です。
まあ設定が設定だけにエロエロな雰囲気で、でも決して際どい描写はありません。

小説版の都立水商は、後半部がほとんど高校野球です。茶髪で長髪の高校球児の出場を渋る高野連、NHKアナウンサーの学校紹介、というように高校野球のパロディのようなノリです。

間違いなく「ジュンブンガク」ではなく「大衆小説」に分類される本です。これこそ大衆小説、と言い切れます(決して純文学ではない、という点で)。

で、ドラマの方。設定は原作どおりですが、内容は(10時からという時間もあるのか)まったくと言っていいほど原作とは違いました。
期待は…まあしていませんでしたが(汗)、放送コードギリギリだと思う(そしてメインの)高校野球に一言も触れなかったのはどうなのかなあ、と。
小説は学校生活の総集編のような感じでいろいろな行事が出てきますが、ドラマでは入学、卒業という2つだけで、2時間枠では少し足りなかったような気がしました。

ここまで書いた僕ですが、この本は買っていません^^; 数年前の夏休みに本屋に4日連続通い詰めて立ち読みで終わらせた、という最悪の方法でした。「武田鉄矢絶賛」という帯でしたが、これをどう取るかは本人次第だと思います。
[PR]
by fanaghan | 2006-03-29 01:21 | 本 
ヴォイニッチ手稿の謎
ヴォイニッチ手稿(Voynich Manuscript)、ご存知でしょうか。
1900年代初頭に発見された200Pほどの書物ですが、現在まで多くの人を惹きつけているのです。

この本は、誰も見たことの無い文字で、誰も知らない内容を、誰も知らない言語で説明しています。このような文字は世界中どこの言語体系にも存在せず、また文章構成も特異なものなのだそうです。(同じ単語が連続する、といった風に。英語で言うと、and and andが多用される)
また、宗教的とも見える絵や天文図、地球上に存在しない植物が描かれています。

この謎は、この本の発見以来100年近く経った今も、解かれていません。捏造説やデタラメ説、未知なる新言語説などがあります。日本帝国海軍の暗号を解読した欧米の科学者チームや、個人的な研究チームなどが取り組んでいますが、その成果は満足のいくものではありません。
現在わかっている限りでは、14~16世紀に少なくとも2人以上の手によって書かれたこと。しかし、誰が何の目的で書いたかは、謎です。
b0027906_125087.jpg
現在の主流は、錬金術師が王様にこの本を売りつけたということのようです。ですが謎が多く(間違ったり訂正の後が全く無い、など)、研究は続いています。

何とも魅力的ではありませんか。こういうのに僕は弱くて、歴史が好きな理由の一つでもあります。古代の謎を解いてみたい、それが考古学を今一番学びたい大きな理由です。
つくづく自分は文系なんだと実感しますが、商業高校へ通ってもう2年が経ち、あとは1年だけ。ぐだぐだ行くのは危険だと思うので、進路決定までがんばろうと思います。

【参考リンク】
The Most Mysterious Manuscript in the World (日本語)
X51.ORG : 解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (1)
X51.ORG : 解読不能の書 ヴォイニッチ手稿はデタラメか (2)
「ヴォイニッチ手稿」の天文図
[PR]
by fanaghan | 2006-03-20 01:25 | 雑記か日記 
面白ければ、出来る
「面白いと思えたものは、自分だって出来る」と思うし、そう思いたいです。

物事を面白いと思うのは、脳みそが「何が面白かったか」を理解するからです。理解できているということは、自分もそれを創り上げることが出来るのではないか、そう思いたいのです。
犬は映画を観ても何にも思わないし、せいぜい音でびっくりするくらいでしょう。でも、人は理解できて「面白い」とか「つまらない」、「感動」することができます。

人というのは、創造性に溢れています。創造にテキストは無いですが、「理解」できれば、少なくとも「面白い」と感じられれば、これこそがテキストになるのではないかと思うのです。
だって、「何で面白いか」わかっているから。計算式の書いてある数学の問題は、僕だって解けます。

自分の力を、信じたいと思います。
[PR]
by fanaghan | 2006-03-10 22:23 | 雑記か日記