マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
先輩とバンドウィッチ
今年卒業した先輩たちに会いました。就職組の人で、うっすら化粧でとても美しく。人ってたった数ヶ月でここまで変わるんだと実感。新鮮です。若いって素晴らしい。就職先の話も聞いたりしましたが、やっぱり大変そうで。
自分はと言うと、考古学や芸術と興味の幅が狭まらず、のろのろと過ごす毎日。どうなることやら(ひとごと)。

バンドウィッチ、国内でも販売が始まりました。3、4年前のミスターマジシャンカタログに載っているのを見たとき「いいなあ」と思いつつも購入機会を逃して数年。半年ほど前に電話して聞いたところ「もう取り扱ってない」と言われてしまいました。

それで、フランスからアルゼンチンのショップまで調べてバンドウィッチ取扱店を探しました。結局はアメリカのショップで購入目処がついたのですが、僕の悪癖が始まって…。
「アレもほしいし、これもほしい。これを買ったらそれが買えない。いや、本当にあれは必要なのか?」とじっくり考えすぎてしまう癖で、言い方を変えれば優柔不断ですが。

結局、10ドルの商品一つに15ドルの送料がばかばかしくなって購入はやめました。勝手に「推測」して原作とは似ても似つかぬ自作バンドウィッチを演じていた今日この頃ですが、ああ、買わなくて良かった。国内なら2000円で買えます…。
「優柔不断」もたまには「慎重」と言い換えられそうで良かったです。
[PR]
by fanaghan | 2006-04-22 03:17 | マジック 
奇術の世界史
占い番組を見て自分の運勢を喜んでいたら、再放送でした…。大吉だったのに。

さて、先日の深夜、「ハヌッセンの館」という番組を放送していました。エリック・ヤン・ハヌッセンというドイツのユダヤ人奇術師に因んだタイトルです。

「アブラカダブラ奇術の世界史」※という本があるのですが、その本にはハヌッセンのことが詳細に語られています。

ハヌッセンはナチス率いるドイツで活躍した超能力者、奇術師で、親しかったヒトラーに演説術を指導した人物でもあります。神秘的な演出と演技で人気を集め、「ドイツのラスプーチン」とも呼ばれたそうです。宣伝相ゲッペルスとも親交があったのですが、国会議事堂放火事件を「予言したため」に拉致されて射殺されました。

番組では、外国人の男性マジシャン(マジシャンとは一言もありませんでしたが。たぶん、日テレの特番で益田さん宅に買い付けに来たマジシャンのような…)が、O字テーブルの中心に立って読心術を見せていきます。

センターテア、サイコキネティックタイム風の演技、マインドリーディングと盛りだくさんで、久しぶりに「ガチガチの」メンタルマジックでした。ゲストの驚きようを見ていると、やはり心理的な驚きと言うのは相当大きいようです。やっぱり。

※「アブラカダブラ奇術の世界史」ですが、奇術を知っていても知らなくても面白いです。基本的にノンフィクションなので、何ともサスペンスな展開です(謎)。
奇術師にまつわるエピソードから、歴史的な逸話まで載ってます。
[PR]
by fanaghan | 2006-04-12 00:19 | 雑記か日記 
マジック界の四月馬鹿企画
やってきましたエイプリルフール。ネタをやってくださったサイトを集めてみました。(了承は取っていません…。問題があったらコメントください)

Small magicianさん…Beeさんと二重落ちさんによる、合併型でした。恐らく、最も早く更新されたのではないかと思います。0時ちょっと過ぎには既に企画が実行されていた気がします。
毎年凝ったネタを披露して楽しませていただいています。昨年のネタのとき、某掲示板にレビューを書かせていただいたのは僕です^^;

森羅万象ドットコムさん…こちらも毎年凝ったネタを。素敵です。こう何年も続けていただくと、風格すら。「週間世界のマジシャン」、すぐさまクリックしたのも良き思い出。

Close-up Maniacsさん…笑わせてもらいました。こちらも素敵。こういう文章で構成されたネタと言うのが、個人的に大好きです。

みなさん、勝手に紹介させていただきました。こんな企画をしてくださってありがとうございます^^
マジック界でエイプリル・フールと言えば、数年前のマジェイアさんとたなかさんの合同による、マジックハラスメントを予言していたかのような「記事」を思い出します。僕は出先のPCで見ながら「うっそー」と口走ったのを思い出します。
あれは結構大きな影響を残しました。笑いだけでなくて、戒めにも…。もはや伝説では。
少し記載。
たなかさんによる、2002年4月のエイプリル・フール
男性器型スポンジ使用の手品で猥褻物陳列罪により逮捕
トム・マリカ師が禁煙ガム、ニコレットのCMに出演
などなど。掲載に問題があったら、コメントお願いします。

Fanaghan News 支局も、恥ずかしながらやってみました。出来は悪いですが…よかったら見てやってください。
これからは、面倒くさいので「家庭内タイムス」になります。

ネット上では本当にたくさんのエイプリル・フール企画がありました。まとめサイトも数多くありますね。Yahoo!のエコ発電のニュースとか、凝りすぎです。個人的には、TSUTAYAの「お届け方法」が…。「コッソリ配送」とか「『あちらのお客様から』配送」、「ミステリー配送」とか。

【ネット上のまとめサイト】
Yahoo!カテゴリによるまとめ
しーぶろさん
◆めっつおさん
Wikipediaによるまとめ
ライブドアもやっていたようですが、個人的には「堀江社長、釈放へ」とかそういうのを期待してました(不謹慎)。
[PR]
by fanaghan | 2006-04-02 01:47 | マジック