マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
色バトン
nanakikaeさんが色バトンをやられていて、自分も飛び入りで参加。横から飛び入りするって、リレーでやったら袋たたきですけど…。

「色」、基本的でいて、存在感があって、ときには無い。煩雑さも上品さも、温度も気持ちも表現できるすごいものだと思います。

では、バトンをやらせていただきます。

■好きな色は?
基本的に青系が好きです。薄い青から濃い青まで、青藤色とか群青とか。ハンカチは青ばっかり持ってます(汗
それ以外だと、系統ごとに山吹色、緋色、フォレストグリーン。あと、弓道着の袴の黒。気が引き締まります。

■嫌いな色は?
黄緑色っぽい蛍光色。蛍光ペンも使うんですが、目がチカチカします(それが目的で使ってます…)。あと、ネオンサインにつかう蛍光ピンクの色(蛍光色なんですが)。

「この色が嫌い!」というのは無くて、細かい色をちりばめたりしたチカチカするのが苦手です。

■携帯の色は何色?
黒とグレイ。もうちょっと明るい色に変えようと思います。番号ポータビリティとやらが始まったようで。

■あなたの心の色は何色?
3年くらい前の春は若草色でした。今は…なにかなあ。いろいろあって、色あせてきてしまいました…。はやくスッキリして、テンション上がる様な色になりたいです。希望は朱色とか、黄色。

■回してくれた人の心の色は?
nanakikaeさんは、ほんわかした橙色か、薄い紅のイメージです。朱色とか、薄紅色とか、銀朱。やっぱり和で、染物でよく見る色。ドギツイ原色じゃないことは確かです(これは大切)。
ブログ上での製本に使われている色がピッタリな感じ…。

■次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい。
ブログ上で色バトンを回せそうな人がいないんです…。長い間ブログを放置したこともあって、今更突然に「お願い!」ってバトンを渡し逃げはできません^^;

で、ネットの知り合いの方の色をイメージで。了承はとっていません…。

・マエダさん
シャープなブルーな感じ。「鋭い青」ではないのです、シャープなブルー。都会的なイメージがあります。いい意味の緊張感が共有できる、だらしなくならない色。感覚的な鋭さ。ターコイズとか、スカイブルー。

・UKさん(虚構新聞社社主、楠木坂コーヒーハウスオーナー)
白です。ホワイト。白は色々なイメージが連想できますが、賢さ、知的な印象をもたらす白です。

・akiraraさん
黄緑です。元気な感じで、よどんでいない、透明感のある色。若さってスバラシイ。元気ってスバラシイ。人生ってスバラシイ。

・zazattoさん
落ち着いた、深緑。常盤色な感じもします。どっしりとしていて、それでいて重いイメージは無い。上品さも感じる色です。

・はるナさん
イメージは透明…は色ではないので…。桜色です。緑系の夏虫色とも。春の感じがします。暖かさと生命を感じられる色。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
色ってやっぱり大事な要素。改めて考えて、もっと知りたくなりました。
[PR]
by fanaghan | 2006-10-24 21:34 | 雑記か日記 
将来へ向けて。
プロ野球高校生ドラフトがありました。同級生が指名されて、学校にはスカウトが来て、会議室は会見場に。普段は冗談ばっかり言ってるのに、やっぱり、ああやって見るとすごく大人びてカッコイイ。

今年の高校野球は僕と同級、1988~89年生まれが主役と言ってもいいくらい、盛り上がったと思います。
母校は甲子園こそ出場なりませんでしたが、春県大会優勝と夏予選第一シードと結果を出し、盛り上がりました。うん、やっぱり野球は楽しいなあ。サッカーに浮気しても、こちらへ戻ってきます(関係ないけど、エスパルスの快進撃が嬉しい)。

そして、十何万もいる高校球児の中から三十人しかプロから指名されなかった中で食い込み、最後は自分自身の力で道を切り開いたことは相当すごいこと…。

親に「今のうちにサイン貰っときな」と言われて、「こっち(自分)の方が有名になるから」と言ってみたり。いい事で有名になりますように(切実)。

僕は美大受験と言うことで覚悟を(?)決めたんですが、推薦入試ということで小論文の試験が。学校で指導を受けてるんですが、「何と言うかなあ。お前の文章には深みがないんだよなあ」と。「表現が問題なんですか?」「表現や言葉の使い方はいいけど、内容に深みがない」「深みって、何ですかね?」「………」

深みを探して試行錯誤しているのですが、やはり難しい…。幾ら周りにサポートされても、最後は自分自身で道を切り開くため、深み探しをしばらく続けていきます。

プロ野球へいく高3もいれば、大学を希望する高3、就職する高3。みんな大変で、がんばってるのがひしひしと感じます。自分もがんばらなくては…。

虚報タイムスについて
[PR]
by fanaghan | 2006-10-04 19:01 | 雑記か日記