マジック > 雑記 の比率   情報処理を多少勉強          コメント頂ければ幸い...      by ファナガン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ざ っ き
久しぶりにログインしたら、投稿画面の多機能充実振りに驚きました。

さて、22日からクラスのみんなで卒業旅行へ行ってきました。温泉という渋さ。生憎の雨でしたが、楽しかったです。高校3年の2月という微妙な時期だからこその、貴重な体験。
男子の服装は「普通」だったんですが、女子の皆さんの力の入れようが「強」でした。校則から解き放たれた反動というのか。
ホテルでの深夜までの騒ぎとか、修学旅行とはまた違うし。帰ってくるとさすがに疲れて、深夜(早朝)5時に寝て、夜7時に起きました。見事な昼夜逆転です。

この旅行に持っていった奇術道具。
・ホールドアウト…10円・100円のWXで活躍。やはり、音が気になる。
・ハンドクラッシャー…。びっくりさせるには、これ。携帯電話から出すと◎でした。
・コイン数枚…日本円、外国貨含め。レギュラーでした。
・カード…バイシクル。レギュラー。

気をつけて「日常品」にしました。卒業旅行にゾンビボールとかさすがに引かれますから…。
カードはバス内での「大富豪」に大活躍でした。

この家庭学習期間には、免許を取ったり(教習所を卒業できました)、美術予備校へ行ったり、充実しています。約1ヵ月後に始まる新生活への充電期間です。東京の新居も決まり、家電を揃えたり。久しぶりに再会した子は全然変わってなくて、懐かしい気分になりました。

手品とか読書面で書けるような内容の生活は送っていません…^^;
4月から、もしかしたら5月ごろ、生活が落ち着いたらもっと手品・読書で書けるかもしれません…。強迫も悪くはなってないけど、良くなってもいないし。

読書に関して。
近所の百貨店に行ったら、入り口付近で古書市をやってました。眺めてみると、尋常小学校とかの戦時中教科書が700円でした。
パラパラ見ると、算数の内容とか、やはりというかあまり変わっていませんでした。足し算・引き算。

全然話が変わるんですが、行きたい展覧会について。自分の覚書程度なので、お読みになる方は注意をお願いします。
いま、静岡県立美術館にパリからロダン(「考える人」の作者)の石膏像などの展覧会がきています。静岡県立美術館には常設ロダン館があって充実しているんですが、日本初公開のもあるそうで。「見逃したら、フランスへ」がCM文句なんですが、この後兵庫にも行くらしい。
ロダン館にある6mのブロンズ未完作品「地獄の門」(扉(門)の周りに群像があって、「考える人」はその一部です)。この裏、通路になってるんですが、その壁(地獄の門の真裏)に小さな扉がついてます。地獄の門とのシュールな間逆さがかわいらしい(?)ので、ぜひ見てください。

次。アレクサンドル・ペトロフ展。三鷹のジブリ美術館で。一人では行きにくいんで、誰かと。
アニメーション作家なんですが、油絵の具で描いているので印象画作品が動いてるみたい。ガラス板に描かれていて、「原画は一枚」。この方の映画が公開だそうです。アカデミー賞も受賞されているようです。軽いカルチャーショックを受けます。ジブリ美術館で開催されるのもわかります。

で、横尾忠則展覧会。Y字路作品よりか60年代のポスター作品のころが一番興味あるんですが、一応メモ。
[PR]
by fanaghan | 2007-02-25 03:53 | 雑記か日記